未分類

レギュラーコーヒーの入れ方

レギュラーコーヒーは、コーヒーメーカーやドリッパーなどを使って、ペーパードリップで入れる方が大半ではないでしょうか?しかし、レギュラーコーヒーの入れ方はそれだけではありません。喫茶店などでは、サイフォンやネルドリップなどの入れ方をよく目にします。また、カフェラテやカプチーノなどのエスプレッソは、蒸気を利用したエスプレッソメーカーを使って入れます。ほかにも、フレンチプレスやパーコレータなど、レギュラーコーヒーの入れ方には、さまざまな方法があります。 シンプルなものになると、トルココーヒーなど、挽いた豆をお湯とともにカップに入れて、その上澄みを飲むといったものまであります。もちろん、それぞれの入れ方には特徴があり、それぞれの利点があります。ペーパードリップやネルドリップなど、フィルターを使った入れ方ではコーヒーから抽出されるオイルがフィルターに吸収されて、風味が損なわれると考える人がおり、それを避けるための入れ方が選択されるのです。フレンチプレスやパーコレータなどは、抽出の際にコーヒー豆から出るオイルがフィルターを使用した抽出法よりも残りやすく、その旨みが味わえるため、愛好する人も少なくありません。 エスプレッソは、その濃厚な味わいと強い芳香から、一種独特で苦みなどに好みの違いはありますが、イタリア系やシアトル系のカフェラテやカプチーノとして好評を得ています。その中でペーパードリップが選ばれているのは、何よりもお手軽で、後片付けも楽な点が大きいと言えます。それでも、たまには違った入れ方のレギュラーコーヒーを試してみるのもいいのではないでしょうか?それぞれの入れ方で楽しめる味わいの違いで、レギュラーコーヒーの新しい魅力を知ることができるでしょう。

未分類

レギュラーコーヒーの美味しい淹れ方

スーパーやコーヒー専門店にて売られているコーヒー豆から作るレギュラーコーヒーでも、豆の曳き方や淹れ方によって美味しくなります。それほど高くない値段のコーヒー豆であっても自分に合った方法を知ることで美味しくなるのです。一度自分に合った方法を身につければ今後はずっと美味しいコーヒーを堪能することができるようになります。 豆の選び方は自分の好みの要素を持った豆を買うと良いです。基本的に豆の持つ苦味や酸味について書いてあるため、自分に合った豆を選びましょう。書いてない場合は店員さんに尋ねると教えてくれます。豆の挽き方はレギュラーコーヒーの場合だと中細挽きが一般的ですが、豆や自分の好みによって変えても良いです。そして淹れ方は、最初に挽いたコーヒー豆全体を蒸らしてから淹れると美味しくなります。一度にお湯をいれてしまうとコーヒー豆の持つ苦味や雑味が抽出されてしまうため、ゆっくりとお湯を注いでください。自分に合ったレギュラーコーヒーの味を探すために、喫茶店を巡るのをおすすめします。喫茶店ごとにそれぞれ豆や挽き方や淹れ方にこだわりを持っていることが多いからです。 気に入ったレギュラーコーヒーを見つけた場合、喫茶店の店員に淹れ方等を聞くことで、自分で淹れる時の参考にする事ができます。また、コーヒーに合う料理やお菓子についても参考になることが多いため喫茶店のメニューも参考になるので喫茶店に行ってみるとよいです。

未分類

レギュラーコーヒーのすすめ

レギュラーコーヒーはインスタントコーヒーのようにお湯を注いだらすぐ飲めるわけでもなく、専用の器具があって初めて飲めるようになります。レギュラーコーヒーは豆そのものを挽いた状態で売られており、日本酒や紅茶のように産地や製造方法により多種多様な味を楽しむことができます。今日はこの味にしてみようか、というような選択はインスタントコーヒーでは決して真似ができないものであり、コーヒーがただの飲み物でなく、嗜好品に近いものとなってきます。 最近はレギュラーコーヒーをアイスコーヒーとして麦茶を作るような要領で水出しで一晩寝かせて作れるピッチャーが売られるようになってきて、ペットボトルの既製品よりもはるかに割安で好みの味のアイスコーヒーを作ることができます。1リットルのアイスコーヒーを作るには、レギュラーコーヒーの粉70gから80gが必要です。スーパーで売られている、鰹節を入れて出汁をとる大きめの出汁パック2袋でちょうどいい量になります。これを沈めておいて一晩待つだけです。 ホットコーヒーではペーパーフィルターとハンドドリッパーを使ってお湯を差す、ないしはコーヒーメーカーを使う、などの方法がありますが、フレンチプレスと呼ばれる筒状の機器にレギュラーコーヒーとお湯を入れてフィルターで押すやり方がフィルターが不要で後片付けが楽です。温度が下がらずに作れるのがいいところですが、粉が少し残ってしまうため、全部飲み干せないところに注意が必要です。

生活

カフェインレスコーヒーとは

コーヒーの飲み過ぎは体に悪いということや、妊娠発覚を機に妊娠・授乳中はコーヒーの摂取を控えようと思っている方も多いのではないでしょうか。