自分に合っている債務整理の方法を選ぶことが重要です

債務整理と言っても種類がいくつかあり、借金の状況によって最適の方法は変わってきます。



有名なのが自己破産や任意整理になりますが、どれを選択するのが一番メリットが大きいのか、しっかりと考えた上で手続きを進めないといけません。


最近は法律の専門家である弁護士や司法書士の方が債務整理の手続きを代行してくれていますので、自分で対応するのが難しい方はお任せするのが最適です。



弁護士や司法書士にお任せする場合、まず実際の借金の状況を把握してもらい対応策を一緒に検討します。



特に資産を持っていない方の場合だと自己破産がベストですし、法律の範囲外で金利を支払っていた場合などは、過払い金の請求ができるため任意整理が最適の方法になります。
方法が決まれば弁護士や司法書士が手続きを開始します。

手続きが開始されると相手側の会社からは一切督促の連絡が来なくなりますので、後は手続きが完了するまで待機するだけです。
平均して半年以内には手続きが完了しますので、後は代行してもらった費用を支払って終わりになります。



大まかな流れだけを見るとそれほど難しいことはありません。



最近は過払い金の請求をしても満額返ってくるケースは少なく、お互いが納得できる部分で和解というのが一般的になります。

借金で苦しんでいる時期はそれ以外のことを考えられなくなるくらい追い詰められるケースがほとんどなので、できるだけ早めに債務整理の手続きを進めて、借金から解放されましょう。



関連リンク

債務整理というのは意外と

債務整理というのは、意外と簡単にできることになります。しかし、それでも弁護士に依頼しないといけないことになりますから、まずはそうしたところに相談するのです。...

more

自己破産だけでない債務整理

今ある借金を整理することが債務整理です。返せなくなるような借金はしないに越したことはないですが、もちろん借りた当初は返済できると思って借りていたはずですが、何らかの原因で返せる当てがなくなることもあるかもしれません。...

more