ドリップコーヒーについて

ドリップコーヒーとは、コーヒー豆を挽いた粉をドリッパーに入れ、上からお湯を注いで抽出する形で淹れるコーヒーのことです。

同じコーヒーであってもインスタントコーヒーは異なる形で飲まれることになりますし、最近では日本でも良く見かけるようになったエスプレッソコーヒーというのは単に上からお湯を注いで抽出するのではなく、その時に圧力をかけて抽出するタイプのコーヒーのことです。このように一口にコーヒーと言ってもいくつかのタイプがありますが、ドリップコーヒーが依然としてコーヒーの主力となっていることは間違いないでしょう。

ただ、マイナス点もあることは否定できません。ドリップコーヒーはドリッパーやフィルターを用意しなければなりません。もしコーヒー粉を用意せず豆から淹れる場合は挽くという作業も必要ですし、ドリップには一定の時間がかかります。このあたりは単にお湯に溶かすだけで済むインスタントコーヒーとは違います。また、ゴミが多く出るというのもマイナスでしょう。

インスタントコーヒーの場合は基本的にゴミはゼロですが、ドリップコーヒーの場合はフィルター上に残った抽出後のコーヒー粉がゴミになります。ですが、やはり味や香りはインスタントコーヒーの比ではないでしょう。コーヒーを淹れる時間も含めて楽しみたい、ゆっくりと時間をかけてコーヒーを作りたいという人は年々増えてきており、ドリップコーヒーは高い人気を保ち続けています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *