ドリップコーヒーのおいしい淹れ方

ドリップコーヒーの淹れ方ですが、もちろん自分がおいしいと思うやり方でやって構いません。

それがドリップコーヒーのよい点でもあり、また自分でおいしい淹れ方をいろいろと試してみるのも楽しさの一つでもあるからです。ただ、一般的にこれがおいしい淹れ方だとされているものはあります。ですから、もしそれを知らないのであれば、一度は騙されたと思ってその方法を試してみるのはよいことでしょう。びっくりするほど味が変わるかもしれません。

ドリップコーヒーで最も重要なポイントは、しっかりとコーヒーの味や風味を抽出することにあります。ですが、ほとんどの人はペーパーフィルターを使って抽出していることでしょう。この場合、あまり良くない淹れ方をするとしっかりと抽出できないのです。つまり、コーヒーを抽出できず、上から注いだお湯をそのまま下のポットに受けているような感じになっていることがあるのです。

典型的な例は、お湯をフィルターペーパーの周囲に沿って注ぐやり方です。お湯を注いでいるとどうしてもペーパーの周りにコーヒー粉がへばりつくようになるため、それをいわば洗い落とそうとしてペーパーの周辺部分に沿って注ぐ人がいますが、これがまさにコーヒーをしっかり抽出せず、お湯をそのまま下に流しているに近いやり方になってしまっているのです。
それはそうでしょう。ペーパーの外、ドリッパーとの間を流れるお湯が多くなってしまうからです。お湯は中心にだけ注ぐこと、これがコツです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *