ドリップコーヒーでのポイント

ドリップコーヒーとは、一杯分の挽いたコーヒー粉を、専用のフィルターペーパーとともに密封した商品のことです。

ドリップコーヒーでポイントとなるのはコーヒー粉だけでなくそれが専用のフィルターペーパーと一緒になっていることで、使う際にはそれをそのまま直接コーヒーカップ上にセットしてお湯を注ぐだけでレギュラーコーヒーを作ることができます。粉だけあってもコーヒーを作るためにはフィルターを用意しなければなりません。いちいちそれを用意する手間を省いてくれる商品ということです。

ドリップコーヒーのメリットとしては手軽においしいコーヒーが楽しめることです。挽いた豆を一杯分ずつ密封していますからいつでも挽き立ての味と香りを楽しむことができます。同じコーヒー粉であっても、袋詰めの商品を購入してくるのとでは保存中の品質に大きな差が生じてくるからです。ただしメリットばかりではありません。一杯分ずつ小分けにしている以上、袋詰めのコーヒー粉と比較するとどうしても割高になってしまうでしょう。

また、入っているコーヒー粉の量はあくまで標準的な分量ですから、自分の好みに応じて粉の量を加減したいという人にはあまり向いているとは言えません。好みに応じて減らすのは比較的簡単かもしれませんが、減らした分をどうするのかという問題は残ります。捨ててしまうのでは結局は無駄になってしまうからです。また、一つ一つにフィルターペーパーがセットになっていますから、その分だけゴミが増えるという問題もあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *