ドリップコーヒーを淹れる時間

ドリップコーヒーとは、ドリップ方式で淹れたコーヒーをいいます。

ドリップとは、英語で「しずく」や「したたり」を意味する単語であり、コーヒーを抽出する際にポタポタと垂れる様子から、このように呼ばれるようになったと言われます。単にドリップコーヒーというと、カップオンドリップに入れられたドリップバッグコーヒーをイメージする人が多いかもしれません。それも確かにドリップコーヒーの一つなのですが、実際はもっと幅広く、コーヒーの挽き方やフィルターの種類により、様々な楽しみ方があります。

一番手軽に味わえるのは、挽いてあるコーヒー豆を買ってきて、ペーパーフィルターを通してコーヒーを淹れるという方法でしょう。これだけでも、インスタントのコーヒーや缶コーヒーとは水分と違う味わいを楽しむことができます。もう少しこだわってくると、自宅にコーヒー豆を挽く道具や機械を買うようになるかもしれません。挽いてあるコーヒー豆は、どんなに保存状態が良くても挽き立ての豆の香りや味にはかなわないものなのです。

豆を挽くところから抽出まで自動でやってくれるコーヒーメーカーもあるため、手軽に本格的なドリップコーヒーを味わうことができます。いずれの方法であってもコーヒーの醍醐味である沸き立つような蒸気とともに広がる香りを楽しむことができます。コーヒー好きな人はもちろんですが、そうでない人でも、一度ドリップコーヒーの魅力を身近に感じてみてください。意外とはまってしまうかもしれません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *