オフィスでカプセルコーヒーを使うメリット

最近になってコーヒー業界はかなりの変化が見え始めています。

以前は気軽に飲めるものと言えばコンビニ・スーパー・自動販売機などで買える缶コーヒーがメインでしたが、コンビニがカウンターコーヒーを安価で提供するようになったことでそちらが主流となってきたのです。これは、より本格的な味が消費者にとって魅力的だったからだと言えるでしょう。そしてこの本格的な味を気軽に楽しむという流れは、家庭やオフィスにも広まってきています。コーヒーメーカーなどのマシンが普及し始めてきているのです。特にその中でもオフィスで従業員の福利厚生にサービスしたりお客様に出すコーヒーはかなり重要だと言えます。

そこで味の良くないものを出すと従業員のモチベーションも上がらず、お客様の第一印象も悪くなるからです。そこでおすすめしたいのがカプセルコーヒーを使うタイプの機器となります。これには複数の理由がありますが、最大の魅力はやはり一度に一杯ずつコーヒーを淹れるということでしょう。というのも通常のコーヒーマシンで淹れるコーヒーは確かに美味しいのですが、一度に複数杯分を作るのが普通です。そうすると淹れてから時間が経つにつれコーヒーにとって最も大事な風味が失われてしまうのです。

ところがカプセルコーヒーではカプセルをセットして一杯ずつ淹れるので、いつでも簡単に淹れたての味が楽しめるのです。また、カプセルコーヒーには他にもメリットがあります。一杯数十円程度と安いのもその一つですし、忙しいオフィスにとっては非常に魅力的な点としてメンテナンスの手間が非常に少ないということもあるのです。さらにカプセルコーヒーではカプセルごとに違う味を楽しめるので、お客様の好みに合わせてフレーバーを変えることもできます。カプセルコーヒーはまさにオフィスのコーヒーとしてぴったりのものだと言えるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *