カプセルコーヒーをオフィスに導入するメリット

オフィスでの福利厚生としてコーヒーを飲めるようにするのは仕事の能率を上げるためにも有効な方法です。

コーヒーの粉を用意してコーヒーメーカーを用意しておくというのがよく選ばれています。しかし、オフィスではカプセルコーヒーを導入するのにメリットが多く、これから本格的に福利厚生として導入しようと考えている場合には候補に入れるのが大切です。カプセルコーヒーは必要な人が自分で自分の分だけ淹れられるのが特徴であり、欲しいと思ったときに一分もかからずに淹れることが可能です。

人によってコーヒーを淹れて一息つきたいと思うタイミングは異なるため、気軽に自分のタイミングで飲みやすいサービスを提供するのは福利厚生として優れています。多くのカプセルコーヒーではハンドドリップで淹れたようなおいしさやそれ以上のものを追求しています。そのため、飲んだ社員からの満足度も高くなり、良い福利厚生を受けているという印象を与えることが可能です。

カプセルコーヒーを導入するときに問題になりがちなのが本体価格の高さです。コーヒーマシンを購入すると高額になりますが、多くのメーカーではオフィス向けにレンタルを行っています。定期的にカプセルを購入するのを条件にして無料でレンタルさせてくれるメーカーもあるので本体の費用はあまり気にする必要がありません。ある程度以上コーヒーを飲む人がいるのであればカプセルコーヒーはコストパフォーマンスが良いと言えます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *