淹れ立ての味を楽しめるドリップコーヒー

ドリップコーヒーは、焙煎したコーヒー豆から直接熱湯を注いで、コーヒーを淹れるやり方を言います。

淹れるにはコーヒー豆と熱湯以外に、コーヒーをこすペーパーフィルターやフィルターをセットするドリッパー、コーヒーを受けるサーバーが最低限必要になるので、事前に用意するようにしてください。コーヒー豆の量を量るスプーンやお湯を沸かすポットも必要です。

ポットはできるだけ注ぎやすい注ぎ口が細い物の方が望ましいですが、家にあるやかんでも構いません。スプーンはコーヒーが販売されている売り場にあったり、専門店でおまけしてもらえることもありますが、計量スプーンの大さじで代用してもいいでしょう。

コーヒー豆を入手するには、身近な所では大手のスーパーでもセルフで挽いて入手できますし、コーヒー豆を扱うメーカーの専門店やショップサイトでも購入可能です。ドリップコーヒーに適した豆は中細挽きが多いので、セルフコーナーで挽く場合や自宅にコーヒーミルがある場合はそのように設定しましょう。

水出しでアイスコーヒーを作る時以外は、あまり細引きにはしませんので、挽きすぎには注意してください。専門店の場合は、予め挽いた状態にしてもらうこともできます。よくドリップコーヒーを淹れると、美味しくできずに苦みが出てしまうことがあります。また、フィルターが目詰まりして上手くコーヒーが淹れられないと悩む方もいるでしょう。

ドリップコーヒーには個包装された物もあります。1つずつのカップに紙でできたフィルターを差し込んで、1杯ずつ淹れるタイプで失敗することはほとんどありません。真空パックされているので、長期間の保存も可能でしょう。道具を揃える必要なく、気軽に楽しめます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *