ドリップコーヒーの美味しい淹れ方とは

コーヒーの淹れ方の1つにドリップがあります。主に、ハンドドリップによる方法をドリップコーヒーとしていることが多く、実際には、コーヒーメーカー等の機械で淹れた場合も濾紙を通すためにドリップコーヒーの範囲となります。

簡単には、上からお湯を注ぎ、コーヒー粉を通過させて抽出したものをドリップコーヒーと言います。

ハンドドリップは、人間の手によってコーヒーを入れる最も歴史のある方法であり、美味しいレギュラーコーヒーを楽しむことができます。因みにレギュラーコーヒーとは、コーヒー豆を焙煎して挽いた状態のコーヒーを指します。

ドリップコーヒーを楽しむには、まず、道具が必要になり、主なものとしては、ペーパーフィルター、ドリッパー、サーバー、細口ドリップポット、メジャースプーン、カップ&ソーサーがあります。ただ、全て完全に揃えなければ作れないということは無く、用途に合えば身近にあるものでも利用することができます。コーヒーを美味しく淹れるにはまずお湯があり、95℃前後が理想的な温度となります。

コーヒーの分量は、概ね、一杯分が10~12g、2杯分が20g程度、3杯分が25~30g程度、4杯分では35~40g前後が目安になります。実際に淹れるには、最初にフィルターの底の接着部分と側面をそれぞれ逆に折り曲げてから広げ、軽くドリッパーに押さえ付けうようにセットします。次にコーヒー粉を入れ、お湯を注いでいきます。美味しく淹れるポイントはお湯の注ぎ方があり、まず、ドリッパーの中心に少しずつお湯をのせていき、下から数滴落ちてくるまで蒸らしを行います。時間的には20~30秒程度になり、蒸らしが完了したならば丁度「の」の字を描くようにお湯を注いていきます。

ここでのポイントはコーヒーの分量以上の杯数にしないことがあり、ドリッパーに残っていてもサーバーの目盛りで確認して外すことが大切になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *