ドリップコーヒーの美味くなるコツと淹れ方

寒い朝の寝ぼけているとき、ほっと一息つきたいときに一杯の入れた美味しいコーヒーを飲みたくありませんか。

ドリップ式のコーヒーでは、簡単に器具を使うことで美味しいコーヒーを飲むことの出来る抽出方法があります。ここでドリップコーヒーのをより美味しくするためのコツと基本的な淹れ方をお伝えしたいと思います。まず知っていて頂きたいことはドリップコーヒーの最初に落ちる一滴を「ファーストドリップ」と呼ばれ、その一滴が1番美味しいと言われています。

ただし後に落ちていくものほど、雑味の元となる苦み、不純物が増えていきます。出来れば最後の一滴は落とさないことが美味しさを保つコツです。淹れ方は、ドリップしたコーヒーを受ける容器とドリッパーを用意します。ドリッパーと同じ形状のペーパーフィルターなどを用意します。ドリッパーがアルミ製の場合は、フィルターは必要ありません。そして、お好みのコーヒー豆を計量スプーンで人数分と1プラスして入れた後にドリッパーを揺らして平にしておくのがコツです。

お湯は沸騰したお湯だとコーヒーの苦みを強めてしまうので90度前後のお湯を用意します。お湯を注ぐ際は、ドリッパーの中に小さな円を描くように少量ずつ注いでいきます。このようにちょっとしたドリップコーヒーを淹れるコツさえ押さえてしまえば、今まではカフェなどの外でしか美味しく味わえなかった方も家で美味しいドリップコーヒーを入れてくつろぐことが出来ます。

是非、知らなかった方は今日から実践してみましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *