ドリップコーヒーの愉しみ

コーヒーの淹れ方には大きく分けると、お湯をコーヒーの粉に浸しておく方法と、上からお湯を注いで濾す透過法があります。

ドリップコーヒーとは、上からお湯を注いで豆を挽いた粉を通過させて抽出したコーヒーを指します。

コーヒーメーカーなど機械で淹れたもの、ハンドドリップで淹れたもの、一杯分ずつパックになったもので淹れたもの、全てドリップコーヒーです。ドリップコーヒーでお勧めなのは、なんといってもハンドドリップです。カフェや雑貨店には数多くの専門的なコーヒー道具が並んでいますが、専門的なことはさておき、まずは自分の好きなデザインのものを選びましょう。

豆は自分で挽くとより美味しくなりますが、挽いて粉になっているものを使っても大丈夫です。ドリッパーにフィルターを置き、分量の粉を入れたら、まずはお湯を少しだけ垂らします。30秒ほど蒸らしたら、ゆっくり少しずつ分量のお湯を注ぎます。お湯を注ぐと香りは増し、粉がムクムク膨らんできます。

香りを楽しみながらコーヒーが出来上がるのを待ちます。早く飲みたい気持ちを抑え、ゆっくりゆっくり時間をかけて淹れましょう。時間をかけて淹れたコーヒー、お気に入りのカップに入れて飲みましょう。

淹れ方がなんとなくわかってきたら、コーヒーショップ等で専門的な道具を揃えるのもお勧めです。コーヒー豆も酸味や苦みの強弱など、好みに合わせて変えてみるとより一層楽しむことができます。ハンドドリップで淹れたコーヒーで、ゆったりとしたリラックスタイムを過ごしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *