好みの味で淹れられるドリップコーヒーの魅力

ドリップコーヒーとはコーヒーの淹れ方で、上からお湯を注いで濾す透過法のことです。ハンドドリップはもちろん、コーヒーメーカーなど機械で落としたものも同じカテゴリに入ります。

こちらで淹れるコーヒーの魅力は自分好みの味や香りを追求することができるところで、缶やペットボトル、インスタントは粉から選ぶことができません。コーヒーは豆によって味や香りに大きな違いがあるので、さまざまな豆を飲み比べると自分好みを見つけることができます。自宅で手軽にドリップコーヒーを楽しむならハンドドリップがおすすめで、ドリッパーとサーバー、専用のケトルがあれば完璧です。

しかし器具を揃えなくとも、使い捨てタイプのカップ用コーヒーフィルターでも美味しく淹れることができます。大切なのは器具ではなくコーヒー豆、そして正しい手順で行うことです。コーヒー豆は好みのもので良く、風味や美味しさを追求したい時は豆で購入して、入れる直前にミルで挽くのがよく、味わいの違いが分かります。コーヒーは最初の一滴に美味しさが詰まっていると言われていて、ドリップコーヒーはそれをしっかりと味わうことができる淹れ方です。

また自分好みの豆や粉を選ぶことができますし、カップ用コーヒーフィルターを使えば専用の器具を購入しなくとも入れることができます。コーヒーは味だけではなく、豊かな香りも魅力となっていますので、挽きたての粉を使ったハンドドリップがおすすめです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *