夏にドリップコーヒーを楽しむ方法

寒い季節は温かいコーヒーが美味しいですが、気温が高くなってくるとアイスコーヒーが美味しくなります。ドリップコーヒーをアイスコーヒーにすることは可能ですが、いくつかのポイントがあります。

アイスコーヒーの淹れ方は、基本的にはドリップコーヒーを淹れる時と同じですが、使用するコーヒー豆は深煎りの物を使用するようにしましょう。浅煎りのコーヒー豆を使用した場合には、酸味が際立ってしまう可能性があります。コーヒー豆は焙煎度が進むほど酸味が甘みに、そして甘みは苦味へと変化していきます。

そして、ホットコーヒーとして楽しむ場合と比べて、使用するコーヒー豆の量を多めにします。アイスコーヒーのは氷でコーヒーを冷やすため、コーヒーが薄まってしまいます。あらかじめ薄まることを考慮して濃いコーヒーを淹れることで、コーヒーの香り・味を楽しむことが出来ます。なお、ドリップコーヒーをアイスコーヒーとする場合には、時間をかけずに冷やすようにしましょう。

短時間で冷やすことによって、コーヒーの香りが逃げません。時間をかけて冷やしてしまうと、香りや味が変化してしまいますので、注意が必要です。時間があるという場合、大量にアイスコーヒーを作りたいという場合には、水出しコーヒーという方法もあります。水出しコーヒーの作り方は、深煎りのコーヒーを粗挽きにして容器に挽いたコーヒー豆と水を入れ、数時間放置するだけです。

コーヒーが抽出されたら、フィルターで濾し、冷蔵庫で冷やして出来上がりです。ドリップコーヒーで淹れる場合と比べて、スッキリとした味わいを楽しむことが出来ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です