ドリップコーヒーで冷たいを楽しむためには

メリタ式やカリタ式、円錐形などの様々な形のフィルターで旨みを抽出するドリップコーヒーはホットで楽しむ人は多いでしょう。

しかしアイスでも美味しく飲むことも可能であり、ホットと異なり作成時は様々な工夫が必要です。ホットタイプと比べてアイスコーヒーは一回に口に含む量が多く、口の中で味や香りが薄く感じやすくなりやすいです。

ドリップコーヒーはアイスタイプはホットよりも誤魔化しが効かないと言え、作る上では豆から選ぶことが重要です。鮮度の度合いが高いもの、エスプレッソに使われるような深煎りものがおすすめです。意外に豆が異なるだけで口に含んだ時の雑味やえぐ味、嫌味の感じ方がはっきりします。

熱いコーヒーを冷ますためにサーバー、あるいはグラスには氷を準備しましょう。この時ウィスキーに用いる氷を使用すると溶けにくくなるのでおすすめです。またコーヒーの受け皿となるサーバーはガラスよりステンレスが適しており、前者の場合急激な温度変化によって破損する恐れがあるからです。

豆の鮮度や深煎りのものにしてもアイスの場合氷を用いるのどうしても味が薄まりやすく、コーヒーを淹れるときも濃い目にするとちょうど良くなります。ドリップコーヒーの入れ方はお湯の温度は約80から85℃と低めに、3から4分ほどの長めの抽出時間で淹れると濃く仕上がります。

こうした手順によって冷たいドリップコーヒーを楽しめ、ホットと異なり手間が多少必要ですがその分の旨みを味わえるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です