ドリップコーヒーの美味しい淹れ方

ドリップコーヒーなど、どのような淹れ方をしてもあまり変わりはないと思っている人は多いのではないでしょうか。

そのためとりあえずカップに引っ掛けて、お湯を注いで終わりとなりがちです。しかしちょっとしたコツを掴むことで、ドリップコーヒーでも美味しさが全く異なるのです。一番大事なのは、お湯の温度になります。

コーヒーを淹れるのに最適な温度は、85℃~90℃とされています。沸騰したお湯を使うばあいであれば、一度容器に移して30秒程度待ってから淹れるとちょうどよくなります。それによりバランスの取れたマイルドな味わいのコーヒーになるのです。

では沸騰したお湯で、そのまま淹れてしまうとどうなるでしょうか。熱すぎると香りがとんでしまい、雑味も出やすくなってしまうのです。また低すぎる温度で淹れた場合も、苦味が少なくなり香りも味も薄めになってしまいます。

ただし苦いのが好きであれば高めの温度で淹れてみることもできますし、苦味が苦手であれば少し低めの温度で淹れるのも良いでしょう。またお湯の注ぎ方も、美味しいドリップコーヒーを淹れる上では重要です。

慌てていると勢いよく注いで、すぐに抽出されるようにしがちですが、それではあまり意味がありません。まず最初に粉全体にお湯がかかるように少量のお湯を注ぎます。そして30秒程度蒸らしてから、本格的に注いでいくのです。この蒸らしを行うことで、コーヒー豆が膨らみ香りがでやすくなるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です