ドリップコーヒーが酸っぱい時

自宅で手軽にドリップコーヒーを楽しめるいい時代になりましたが、実際に自分でやってみるとお店のような味わいになることもあれば、酸っぱさを感じて飲みにくい時もあります。

最初の内はまだ上手にコーヒーを淹れられないからだろうかと考えたりもしますが、酸っぱいと思う原因にはいろいろあります。ドリップコーヒーを楽しむ時にはコーヒー豆の存在が欠かせませんが、豆そのものは実はコーヒーの木の果実の種です。

その為、豆そのものに果物としての酸味があるというのはあまり知られていません。豆本来が持つ酸味というのは焙煎をして出る個性の一つですが、一般的に言われている「酸っぱいコーヒー」というのはこの酸味とは違っています。

酸っぱくなってしまったコーヒーは、概ね豆が焙煎されてからどんどん日数が経って酸化してしまって出てくるえぐみも感じられる酸っぱさです。多くの人が好きではない酸っぱさは、この劣化した酸味を指している事が殆どです。

試飲などで新鮮な豆を使って淹れられたコーヒーは「お店だから美味しいのだ」と思うかもしれませんが、この鮮度も関係していると覚えておきましょう。自分でドリップコーヒーを淹れる楽しさは、濃さや量を調節するだけでなく、いろんな豆を手に入れて味を比べたりしてお気に入りを見つけるということもよく挙げられます。

購入したら日付も書いておいて、なるべく早く飲みきることができるようにするか、使いきれる量で購入するようにするといいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です