直接豆から淹れるレギュラーコーヒー

レギュラーコーヒーとは、コーヒーの生豆を挽いた状態で淹れるタイプのコーヒーを言います。

反して、抽出したコーヒーの液を乾燥させて、お湯や温めた牛乳などを注いで作るタイプのコーヒーについて、インスタントコーヒーと呼ばれます。

よく、挽いたコーヒー豆を1つずつ包装して、コーヒーカップにセットして、熱湯を注ぐタイプのコーヒーを、すぐ淹れられるからインスタントコーヒーではと間違える方もいます。

しかし、生豆から淹れて作るタイプなので、レギュラーコーヒーに分類されます。レギュラーコーヒーは豆の状態で購入し、淹れる度に適切な数量を取り分けてミルで挽いてから使うのが最も美味しいです。

しかし、ミルを持っていない家庭も多いので、挽いた状態で販売されていることがほとんどでしょう。1週間で飲みきるのが難しい場合は、適切な状態で保管しなければいけません。

豆の状態よりも挽いたコーヒー豆は酸化しやすく、高温多湿の場所を嫌いますし、臭いを吸着しやすくなります。密閉できるタイプの保存袋に小分けに入れて、冷凍庫に保存するといいでしょう。

使う分だけ冷蔵庫に移して使うと利用しやすいでしょう。

レギュラーコーヒーを豆で袋のまま購入した場合は、袋が膨らんで空気が入っているように見えます。この現象は豆から炭酸ガスが発生している現象で、新鮮な状態で袋詰めされたときになる場合があります。抽出して飲むものなので、保存料などを添加せずに深遠さを保つよう工夫されています。酸化を防ぐために外気を遮断して、袋を密閉しているため、封を開ければ自然に抜けます。

人体に害のある物ではないので、心配ありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です