ドリップコーヒーを楽しむために必要な道具

缶コーヒーやインスタントコーヒーではなく、自分でコーヒーを入れるドリップコーヒーにはまる方が増えています。

ドリップで入れたコーヒーは味や香りがひきたつのはもちろん、ドリップしている間はゆっくりとした時間が流れるとして、リラックスしたい時にドリップコーヒーを選ぶ方が多いようです。

自分でドリップする際は、必要な道具を揃える必要があります。

自分でドリップして入れるドリップコーヒーは、ハンドドリップと言われています。ハンドドリップにはお湯を注ぐポットや、ドリッパー・ペーパーフィルター・サーバーといった道具が必要です。

お湯を注ぐポットは注ぎ口がなるべく細いものを選びましょう。ハンドドリップする際は、コーヒー豆に少しずつお湯を注いで、うま味や香りを抽出する必要があります。

ドバっとお湯が入らないよう、注ぎ口が細いポットを使いハンドドリップするのが理想的です

ドリッパーはペーパーフィルターをセットして、コーヒーの粉をろ過する道具です。1穴式・3穴式・円錐型といった形があります。

ドリッパーのサイズに合わせて、ろ過を行うペーパーフィルターを変えるのが基本です。ドリッパーは大きさはもちろん、形状やデザイン、素材など種類がとても豊富です。お気に入りのドリッパーを選べば、よりドリップコーヒーを楽しむ事ができるでしょう。サーバーはドリッパーでろ過したコーヒーを受け止める道具です。ドリッパーが安定するものであれば、どんな形のものでもOKです。基本的な道具をまずは揃えてみて、ハンドドリップデビューしてみてはいかがでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です