ドリップコーヒーの美味しい淹れ方

自宅でのコーヒーはインスタントコーヒーを使うか、コーヒーメーカーを使う人がほとんどかと思われます。

何気なく飲んでいるコーヒーですが、本来はゆったりと香りやコーヒー独特の香りを楽しむ飲み物。豆の産地や煎り方によっても違いがあり、自分好みのコーヒーを探すのもコーヒーの楽しみ方の1つです。

もっと美味しいコーヒーを淹れたいと思うのなら、ドリップコーヒーを手動で淹れるハンドドリップ方式に。ハンドドリップに使う道具は家に代用できるものもあります。

しかし絶対に用意しておくものはコーヒー用の計量スプーン。コーヒーを美味しく入れるためには分量をしっかりと計ることが大切です。人数プラス1杯が適正な分量です。慣れてきたら好みの分量に調整しましょう。

ドリップコーヒーはお湯の淹れ方で味が左右されます。コーヒーをドリップできる状態にセットし、コーヒーの中央に小さな円ができるようにお湯を優しく注ぎます。

お湯は全部注がずに、サーバーにポタポタとコーヒー液が落ちる程度の少量のみ。お湯を半分だけ注いだら30秒ほど待ち、コーヒーを蒸らします。ドリップコーヒーはこの蒸らしが重要で、蒸らすことによってコーヒーの味が凝縮されます。

さらに濃いコーヒーがお好みなら蒸らす時間を1分ほどに延ばします。お湯を注いだ部分の粉が白く盛り上がったら粉にお湯が行き渡り、蒸らした証拠です。十分に蒸らすことができたら残りのお湯を注ぎます。

注ぎ方は中心から「の」の字を描くようにポットを回し、粉が膨らんだら一旦止めてを繰り返すのがポイント。サーバーの目盛りが人数分に達したらすぐにドリッパーを外します。これはコーヒーの雑味を余分に入れないためです。

サーバーからコーヒーカップにコーヒーを入れたら出来上がり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です