こだわると美味しいドリップコーヒー

一口にコーヒーと言っても様々な抽出方法があります。

エスプレッソ、フレンチプレス、水出し等々。中でも最も一般的な抽出方法はドリップで淹れるドリップコーヒーです。

コーヒー豆を挽いたコーヒー粉の上からお湯を注ぐ抽出方法です。コーヒー粉に溜まったお湯がフィルターを通して滴の様に落ちて行く事からドリップ(=しずく、したたる)コーヒーと言われます。

コーヒー用語として、ドリップコーヒーを淹れる事を「コーヒーを落とす」と言います。そのドリップコーヒー。こだわると更に美味しいコーヒーを淹れる事が出来ます。

コーヒー粉を入れるフィルターは紙製のペーパーフィルターが手軽で一般的ですが、それをネルに変えるだけで味わいが変わります。深くローストした豆だと油分が多くなるのですが、ペーパーフィルターはその油分もそのまま通してしまうので、雑味やエグみが出てしまう事もあるのですが、布製のネルでドリップすると油分や雑味がネルに吸収されて、コーヒー本来の旨みが出やすくなります。

しかし、使い捨てのペーパーとは違い、都度洗ったり、乾燥不可なので水に浸けて保管する必要がある等、お手入れや保管が面倒なところが難点です。フィルターだけではありません。

コーヒー粉の挽く粗さを変えるだけでもコーヒーの味を操作できます。細かく挽けば濃く、粗く挽けば薄いコーヒーが抽出できます。

ドリップコーヒーでも、フィルターの種類や豆の粗さにこだわるだけで、自分の好みのコーヒーを見つけられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です