ドリップコーヒーの豆知識

自宅でドリップコーヒーを楽しむ方が増えています。

より美味しいコーヒーを入れるには、コーヒー豆のひき方や抽出方法にもこだわってみましょう。

一般家庭ではドリッパーとペーパーフィルターを使う方法で、ドリップコーヒーを入れるケースが大半です。この方法を行う場合、コーヒー豆は中細挽きがおすすめです。コーヒー豆には5つの挽き方があります。

5種類のうち、ペーパーフィルターを使い、ドリップコーヒーを入れるなら、中細挽きが1番コーヒーの風味が引き立つと言われています。
中細挽きはグラニュー糖程度の大きさです。

より本格的にドリップコーヒーを楽しみたいという方の中には、ペーパーフィルターではなく布ドリップを選択するケースも少なくありません。布ドリップの場合は中細挽きのよりも中挽きのコーヒー豆が向いています。

中挽きされたコーヒー豆は、グラニュー糖とザラメの中間程度の大きさです。

時間はかかってしまいますが、コーヒーのうま味をダイレクトに感じる事ができる、ウォータードリップ方法の場合は、上白糖とグラニュー糖の中間ぐらいの大きさに挽かれている、細挽きのコーヒー豆を選びましょう。

このように、コーヒー豆には色々な挽き方があり、また挽き方によってドリップ方法も変えるのが基本です。缶コーヒーやお湯で溶かすだけのインスタントコーヒーも良いですが、入れている間にゆったりとした時間が流れるドリップコーヒーで、リラックスしたひと時を過ごしてみるのも素敵です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です