レギュラーコーヒーの入れ方

レギュラーコーヒーは、コーヒーメーカーやドリッパーなどを使って、ペーパードリップで入れる方が大半ではないでしょうか?しかし、レギュラーコーヒーの入れ方はそれだけではありません。喫茶店などでは、サイフォンやネルドリップなどの入れ方をよく目にします。また、カフェラテやカプチーノなどのエスプレッソは、蒸気を利用したエスプレッソメーカーを使って入れます。ほかにも、フレンチプレスやパーコレータなど、レギュラーコーヒーの入れ方には、さまざまな方法があります。

シンプルなものになると、トルココーヒーなど、挽いた豆をお湯とともにカップに入れて、その上澄みを飲むといったものまであります。もちろん、それぞれの入れ方には特徴があり、それぞれの利点があります。ペーパードリップやネルドリップなど、フィルターを使った入れ方ではコーヒーから抽出されるオイルがフィルターに吸収されて、風味が損なわれると考える人がおり、それを避けるための入れ方が選択されるのです。フレンチプレスやパーコレータなどは、抽出の際にコーヒー豆から出るオイルがフィルターを使用した抽出法よりも残りやすく、その旨みが味わえるため、愛好する人も少なくありません。

エスプレッソは、その濃厚な味わいと強い芳香から、一種独特で苦みなどに好みの違いはありますが、イタリア系やシアトル系のカフェラテやカプチーノとして好評を得ています。その中でペーパードリップが選ばれているのは、何よりもお手軽で、後片付けも楽な点が大きいと言えます。それでも、たまには違った入れ方のレギュラーコーヒーを試してみるのもいいのではないでしょうか?それぞれの入れ方で楽しめる味わいの違いで、レギュラーコーヒーの新しい魅力を知ることができるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です