家庭で会社でコーヒーカプセル

コーヒーカプセルとは家庭で手軽にお店の味に近いエスプレッソを楽しめるコーヒーです。

その特徴は手順が少なく誰でも簡単に作れること、味が本格的であること、また使用後の片付けが楽なことです。

これまで日本ではお店でも家庭でもアメリカ式のドリップコーヒーが主流でしたが、コーヒーカプセルで作るコーヒーはイタリア式のエスプレッソコーヒーに近い味わいです。

両者は抽出されるコーヒーの濃縮度が違います。コーヒーの淹れ方や種類にもよりますが、一般的に水分量が多いドリップコーヒーに対して、エスプレッソコーヒーは圧力をかけて瞬間的に抽出されるため、水分量が少なくより濃縮された力強い味わいになります。

作る手順はたったの3ステップで、ピンポン球一つ程の大きさのカプセルを専用の機械にセットし、水をタンクに入れて、ボタンを押すだけです。コーヒーを抽出する機械とカプセルは各会社からインターネットや店頭で販売されています。

豆を挽いたり、フィルターをセットする必要がなく、ボタンを押して約30秒でコーヒーが抽出されます。片付けは使用後カプセルを捨て、付属品を1,2個洗うだけなので煩わしくありません。

コーヒーカプセルはその種類が豊富で、例えばカフェインを控えている方はディカフェを選べますし、味の強弱は豆の種類と水分量で幾通りにも調整可能です。さらにアイスもホットも一つの機械で作ることができ、機械によってはカプチーノなどの温かい牛乳入りのコーヒーを抽出することも可能です。

一つコーヒーカプセルのデメリットとしては、カプセルが一杯ずつ小分けになっているためゴミの量が増えることです。メーカーが環境対策として今後カプセルを回収しリサイクルするなどの対応があるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です