カフェインレスコーヒーとは

コーヒーの飲み過ぎは体に悪いということや、妊娠発覚を機に妊娠・授乳中はコーヒーの摂取を控えようと思っている方も多いのではないでしょうか。

けれどやはり好きなものを我慢し過ぎるとストレスも溜まってしまってイライラしてしまうこともあるでしょう。

そんな場合などにカフェインレスコーヒーに切り替えようという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

カフェインレスコーヒーとは、その名の通りコーヒーに含まれるカフェインを除去して製造してあるコーヒーのことです。

デカフェなどとも呼ばれたりします。カフェインレスコーヒーにするためのカフェインの除去方法は主に3種類あります。「二酸化炭素で取り除く方法」「水と薬を使う方法」「薬を使って除去する方法」の3種類ですが、その内の「薬を使ってカフェインを除去する方法」は主に海外で行われている製造過程であり、この方法で使用される薬品「ジクロロメタン」は日本では使用許可されていません。

「水と薬を使う方法」はコーヒー豆に含まれる水に溶ける成分をまず抽出し、抽出したものにカフェインを取り除く薬を使ってカフェインを取り除きます。その後薬の成分を取り除いて消し、通常のコーヒー豆に戻すという2重抽出製法が用いられています。

この方法では、カフェイン以外の成分が壊れにくく、コーヒー豆に直接的に薬を使用していないために安全です。ほかにも似たような製造方法ではありますが、生豆を水に浸してカフェインを除去する方法を使用して製造している国産メーカーもあります。

「二酸化炭素で取り除く方法」は、超臨界二酸化炭素抽出とも呼ばれており、圧力と温度を一定以上の割合でかけることによってカフェインを除去する方法です。カフェイン以外のコーヒーの成分も壊れにくく、二酸化炭素には毒性もないため安全性にも心配はありません。日本製のカフェインレスコーヒーは安全ですので、健康にも特に問題ありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です